おひさまに魅せられてPart2

おひさまに魅せられて Part2

韓国の女優ハ・ジウォンさんの素敵さを綴るファンブログです

一人二役のインタビュー

19日のヘワダルチャンネルに関する記事が上がっていました。

'チョコレート'ハ・ジウォン"視聴者の立場で見ることができた"..1人2役奇想天外インタビュー

f:id:sunbow:20200121200522j:plain

21日俳優ハ・ジウォンがドラマ「チョコレート」ムン・チャヨンキャラクターと共にした1人2役「奇想天外インタビュー」を公開した。

ハ・ジウォンは所属会社ヘワダルエンターテイメントのユーチューブ チャネルを通じて「チョコレート」ムン・チャヨンキャラクターと一緒にしたインタビューを電撃公開した。 今回のインタビューは「チョコレート」の放映終了を惜しむファンたちと視聴者たちのために、ハ・ジウォンが直接提案したもの。 ハ・ジウォンは事前にファンたちから受けた質問をもとにインタビュー内容と撮影小道具まで細かく準備、作品放映終了翌日である19日に完成度の高い映像をアップロードして熱い呼応を引き出した。

ハ・ジウォンとムン・チャヨン1人2役インタビューは、ハ・ジウォンが劇中についてムン・チャヨンに尋ねた質問と、反対にムン・チャヨンがハ・ジウォンに尋ねた質問で構成されて興味を加えた。先に視聴者たちを心配させたメロー展開に対して、ハ・ジウォンは「放送を一緒に見た母さえもイ・ガン(ユン・ゲサン)がムン・チャヨンに質問型で告白する場面で『はやく返事をしなさい』とせき立てた」と明らかにして笑いを誘った。「すべての撮影を終えた後で、徹底的に視聴者の立場でドラマを見ることができた」というハ・ジウォンは、「ムン・チャヨンとイ・ガン(ユン・ゲサン)が海辺で愛を確認したシーンを見て、「私もときめいて夜に眠れなかった」と明らかにして「격공(激しく共感である)」を誘発した。

さらにハ・ジウォンは劇中シェフで活躍したことと関連して、ファンに作ってあげたいメニューに対して「思い出の料理キムチチャーハンを作ってあげたい」として「初めてボーイフレンドに作った料理」という率直なビハインドを明らかにすることも。「食べればとてもおいしくて気絶すること確信している」というハ・ジウォンは「『チョコレート』を準備する過程で料理を習った後、すべての料理を食べるたびに作った人に感謝する心を持つようになった。料理を作って食べることが、これほど幸せなことだということを悟った」と付け加えた。

一方、ハ・ジウォンは味覚を失った場面で塩をたくさん食べたシーンのビハインドと、ドラマでの初めてOST参加などに対しても詳細な説明を添えた。作品が終わった後の近況については「食べたいものをたくさん食べることに集中した。最近では麗水(ヨス)で美味しい店ツアーをしてきた」と明らかにした。最後に「今後も少しずつ変化して、発展する俳優になりたい」と抱負を明らかにしたハ・ジウォンは、「より一層おもしろい作品でまもなくごあいさつする」という計画を伝えて、今後の歩みに期待感を加えた。

ハ・ジウォンの所属会社ヘワダルエンターテイメントは「普段ユーチューブ チャンネルで自身の日常を公開していたハ・ジウォンが、特別な映像を企画して、より一層意味あるインタビューが完成された」とし、「今後も才気溌剌な映像でファンたちと楽しくコミュニケーションを取る場を作るだろう」と明らかにした。

一方、ハ・ジウォンは休息後、次期作で視聴者たちと会う予定だ。

元記事はコチラ

 

今回は、あらかじめ日本語字幕もついていたのでありがたかったですね(^^)終盤ついてなかったのは残念だったけど。

 

このインタビューを見ていて、「あら、そんなことまで言っちゃうの?」と思ったところがあって。それは

「初めてボーイフレンドに作った料理」

のくだり。見ていてそう思った方はいませんか?

ジウォンさんが自分の恋愛エピソードを語るのは珍しいなと思ったんですよね。

これはやっぱりチャヨンとして恋をしていたからかしら?( ´艸`)フフフ

美味しさに気絶してみたい!←パボ 

 

もうひとつ、私の心にとまったのは、

「今後も少しずつ変化して、発展する俳優になりたい」

という言葉です。

これを聞いて、「不易流行」という言葉を思い出しました。

私の恩師が言っていた言葉でもあるんですが、「不易(変わらないもの)」と「流行(変わっていくもの)」という相反する語句が一つになった言葉です。

不易流行とは、「いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。 また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが、不易の本質であること。」という意味です。

新たな境地を開拓していきたいという思いを話されたと思うけれど、きっとジウォンさんの本質的なものは変わることはないだろうと感じました。ジウォンさんに惹かれるのは、この根っこの部分(本質的なもの)なんじゃないかと思うんですよね。

演じることに真摯に向き合う姿が格好良くて。

そういう格好いいハ・ジウォンをこれからも見ていたいと思いました。

 

このインタビュー、発想もおもしろくて、内容も興味深くて、いいインタビューでした。

ジウォンさん、ありがとう(^^)