おひさまに魅せられてPart2

おひさまに魅せられて Part2

韓国の女優ハ・ジウォンさんの素敵さを綴るファンブログです

田代さんのおすすめ韓ドラ4選

 

先日の記事に続いて、今日はこんな記事が(^^)

www.news-postseven.com

今回はジウォンさんファンを公言されている田代親世さんのおすすめドラマです。

 

Yahoo!のトピックスでは、こちらの画像が出てきました。

f:id:sunbow:20200525205124p:plain

バリでの出来事』(田代さんのMy Best1)

休憩時間に見て、思わずニヤけました(笑)

 

ソ・ジソプハ・ジウォンチョ・インソン、パク・イェジンが演じる男女の屈折しまくりな愛の四角関係は、もう16年も前の作品にはなりますが、やっぱり好き。プライドとコンプレックスがない混ぜになった心理描写が秀逸です(田代さん・以下同)

 


バリでの出来事

 

田代さん曰く、深読みしたくなるドラマ。たしかにそうですね。

「ジェミンとイヌク、スジョンはいったいどっちが好きなんだ!?」と思わずにはいられないし、「なぜそんなことするの?」「なぜそんなこと言うの?」とヤキモキすることもしばしば。スジョンやイヌクに「素直になりなよ!」と何度思ったことか(笑)

 

 

田代さんおすすめの「まぶしくて」は、ちょっと前までLaLaTVで放送されていました。

ジウォンさんがプレゼンターを務められた「百想芸術大賞」で、「まぶしくて」主演のカン・プジャさんが大賞を受賞されました。

ohisamasmile.hateblo.jp

このときの印象が強くて録画していた「まぶしくて」。

6月はまずこのドラマを観ようっと。

 

 

 

「担保」公開はいつ?

 

今日はこんな記事が上がっていました。

 

 [企画]国内4大配給会社、'1年ラインナップ'どうしようか…再整備動き

(略)
◆ CJ E&M・・・夏の大作を控えて悩み

当初CJ E&Mが計画した2020年ラインナップはハ・ジョンウ・キム・ナムギル主演のミステリー物「クローゼット」(監督キム・クァンビン),コン・ユ・パク・ボゴム主演の「徐福」(監督イ・ヨンジュ),チョン・ソンファ・キム・ゴウンの「英雄」(監督ユン・ジェギュン),ファン・ジョンミン・イ・ジョンジェパク・ジョンミン主演の「ただ悪から救って」(監督ホン・ウォンチャン),ビョン・ヨハン・キム・ムヨルの「ボイス」(監督キム・コクチ・キム・ソン),イ・ジェフン・チョ・ウジン主演の「コレクター」(仮題、パク・ジョンベ監督),ハ・ジウォン主演の「担保」(監督カン・テギュ)やチン・ソンギュ主演の「カウント」(監督クォン・ヒョクチェ)等だった。

去る2月「クローゼット」を予定通りに封切りした後、コロナ19事態に会ったCJ E&Mは今後の封切り作をめぐって頭を悩ませている。

CJ E&M側は「コロナ19時局なので最適な条件をめぐって制作会社と協議中」として、コメントを控えた。

現在の公開されているCJ E&M下半期ラインナップは、ユン・ジェギュン監督の映画「英雄」とホン・ウォンチャン監督の映画「ただ悪から救って」だ。

この他に「ボイス」「徐福」「担保」などは、来年公開に持ち越される可能性もある。

CJ E&Mは「コロナ19時局がいつ終息するのか誰も分からない。観客が劇場に行くことができるような環境づくりが必要だ。制作会社が数年を準備して作った映画であるだけに、任意に配給日を決めることはできない。 制作会社と協議中」と説明した。

コロナ19拡散後、クランクインに突入した映画は、チェ・ドンフン監督の映画「エイリアン」だけだ。チェ監督が「暗殺」(2015)以来5年ぶりにメガホンを取る新作であり、リュ・ジュンニョル・キム・テリ・キム・ウビン・ヨム・ジョンア・イ・ハニ・ソ・ジソプ・ユ・ジェミョン・キム・ウィソン・チョ・ウジンなどが出演する。

(後略)

元記事はコチラ

 

f:id:sunbow:20200525202600j:plain

新型コロナの感染拡大で、公開が先延ばしにされているジウォンさん主演の「担保」。

この記事によると、今後の公開予定も全くの白紙状態のようで、下手すると来年に持ち越される可能性もあるとのことです。

 

「3密」を避けなければならない状況なので、事態が収束するなり、有効な手立てが見つかるなりしないと、「映画館で映画を観よう!」ってことにはなりませんよね。残念だけど、しょうがないですね…。

 

CJ E&M関連では、新型コロナの感染拡大後にクランクインしたのは1作品だけとあります。他の配給会社も似たような状況だと思われます。

となると、6月から撮影が始まる予定の「ビグァン(雨光)」は、予定通りクランクインできるのでしょうか?

無事にクランクインしたら、ニュースになるのではないかと淡い期待を抱いています。何かしら情報が出てくるといいな。

 

 

懐かしいなぁ!

 

昨日はこんな記事が上がっていました。

www.news-postseven.com

この記事で目が留まったのはここ。

「中学生の頃、母の影響で『秋の童話』(2000年)にハマったのがきっかけで、韓国ドラマを見るように。女優のハ・ジウォンさんのものまねメイクをして、本人に驚かれたこともあります(笑い)」

 おぉ!「もっと楽しむ『奇皇后』」の時のことじゃないか!

 

このときのことはざわちんさんのブログにも書いてあったので、当時もすぐに見に行きました。

ameblo.jp

ジウォンさんは大好きな女優だというざわちんさん。だから、今でもこうして韓ドラ絡みの話にジウォンさんのことを話してくれるのかもしれません。

久しぶりにブログを見たら、以前見たのとちょっと変わっていたような…。下の画像も見た気がするけど。

f:id:sunbow:20200523160705j:plain
f:id:sunbow:20200523160714j:plain

 

それから、「もっと楽しむ奇皇后」で司会を務められた田代親世さんのブログも見てみました。

ameblo.jp

この記事を読んで、私も香水を買ったんだった(^_^;

田代さんの記事はジウォンさんの素敵さがよくわかります。

田代さん自身が、ジウォンさんの大ファンですものね(^^)

 

こうして見ていたら懐かしくなったので、録画した「もっと楽しむ奇皇后」を引っ張り出して観てみました。

田代さんの「健康的なんだけど、たおやかで、目元が柔らかくて、ものすごく自然体のしっとりハ・ジウォンさんという雰囲気」というのが本当に的確な表現だな、なんて思いつつ、奇皇后にどっぷりハマっていた当時を思い出しました。2015年3月、もう5年も前か。

 

ということで、懐かしいジウォンさんの映像に癒された金曜の夜でした。

 

ところで、ざわちんおすすめの韓ドラ、「トッケビ」以外はなんなんだ?(笑)←記事を読んでない人(^_^;