おひさまに魅せられてPart2

おひさまに魅せられて Part2

韓国の女優ハ・ジウォンさんの素敵さを綴るファンブログです

私の記念日

 

今日10月1日は、私が初めてジウォンさんに会った日です(^^)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @hajiwon1023

www.instagram.com

 

2014年に「奇皇后」でジウォンさんの虜となり、15年に応援ブログを始め、16年の4thファンミに参加することができました。

もう6年も経ったんだなぁ。



生で見たジウォンさんは、天使で女神でした。

本当にキラキラしていて、とても美しい人でした。

夢のような時間を過ごして、本当に1週間くらい幸せな気持ちが続いていました。

 

今年は3年ぶりに7thファンミが開催されます。

雰囲気がとても温かくて、愛に満ちているんですよね。

久しぶりのファンミ、楽しみです(^^)

 

 

 

 

 

ジウォンさんが出演を決めた理由

www.instagram.com

 

今日はジウォンさんの新しい画像とコメントがニュースに上がってきました。

 

「カーテンコール」ハ·ジウォン「シノプシスと台本の新鮮さに惹かれて選択」

「カーテンコール」ハ·ジウォンが作品選択理由を公開した。

KBS2の新月火ドラマ「カーテンコール:木は立って死ぬ」(演出ユン·サンホ、脚本チョ·ソンゴル、以下「カーテンコール」)は余命宣告されたおばあさんのチャ·クムスン(コ·ドゥシム扮)の願いを叶えるための前代未聞の特命を受けたある男の史上最大詐欺劇にまつわる人々の話を盛り込んだドラマだ。 全年齢層が共感できる興味津々なストーリーにスペクタクルな反転の妙味まで加え、視聴者を訪れる。

ハ·ジウォンは劇中でホテル楽園の総支配人パク·セヨン役として登場する。 一夜にして不慮の事故で両親を亡くした後、海外で専門経営者授業を受けていた長兄のパク・セジュン(チ·スンヒョン扮)と継承に全く関心のない「お兄ちゃん」パク・セギュ(チェ·デフン扮)の間で、祖母のチャ・クムスン(コ·ドゥシム扮)が血と汗で成し遂げたホテル楽園の命脈を引き継ぐのが人生最大の課題だと思い、底辺から経験を積んできた真の実力派リーダー。 優れた実力だけでなく、暖かい内面まで所有した人物でユ·ジェホン(カン·ハヌル扮)に出会い、計画になかった人生の道に入る。

ハ·ジウォンは「カーテンコール」を通じてホテル総支配人の役割で演技変身を試みる理由について「シノプシスと台本の新鮮さに惹かれて選択することになった」として作品が持つ力と魅力に出演を決心したと明らかにした。

パク·セヨンに完璧に没頭しているハ·ジウォンは、キャラクターに対する格別な愛情も忘れなかった。 「セヨン役を研究しながら、セヨンが世の中を眺める視線がよく表現されることが重要だと考えた。 本人がしなければならないことは徹底的に几帳面に処理するが、中は情が多く温かい外剛内柔タイプの姉のキャラクター」と説明し、「ホテル支配人という役割にふさわしい華麗なファッションがよく出てくる面白さも与えるだろう」とし、キャラクター変身だけでなく外見スタイリングもまた別の見どころであることを明らかにした。 

ハ·ジウォンだけでなく、カン·ハヌル、コ·ドゥシム、クォン·サンウ、ソン·ドンイルなど演技派俳優たちが大挙キャスティングされ、黄金ラインナップで放映前から注目されている。 これと関連してハ·ジウォンは「幻想的な呼吸」と歓迎し、和気あいとした現場の雰囲気も耳打ちした。 ハ·ジウォンは「とても立派な俳優たちと本当に楽しく撮っているので期待してほしい」と感想を伝えた。

元記事はコチラ

 

パク・セヨンかっこいい!

いい!いいです!

ご本人のコメントにもあるとおり、ファッション面でもこれまでにないジウォンさんが見られそうです(^^)

 

セヨンに関する情報も新たにわかりました。

ジウォンさんが演じたキャラクターたちと共通している部分が1つありました。両親が亡くなっているところ。これまでも両親揃った役が少なくて、ジウォンさんのご両親がそこを気にされていたという話もありましたよね。

セヨンの2人の兄はそれぞれクセがありそうで、いろいろ起こりそうな予感がします。

 

 

カン・ハヌルさんの記事もありました。

「カーテンコール」カン·ハヌル「ユ·ジェホン♥のキーワード? 斬新さ-もう一つの宇宙-最大の長所」

「カーテンコール」カン·ハヌルが作品選択理由とキャラクターに対する愛情を公開した。

10月放送予定のKBS2新月火ドラマ「カーテンコール:木は立って死ぬ」(演出ユン·サンホ、脚本チョ·ソンゴル、以下「カーテンコール」)は余命宣告された祖母のチャ·クムスン(コ·ドゥシム扮)の願いを叶えるための前代未聞の特命を受けたある男の史上最大詐欺劇にまつわる人々の話を盛り込んだドラマだ。

カン·ハヌルは劇中の余命宣告されたおばあさんのために渾身の演技を尽くさなければならない無名の演劇俳優ユ·ジェホン役で熱演する。 劣悪な成長環境の中でも自己愛と自信は失わない超ポジティブな男で、多様な演技スペクトラムを持った内攻深い俳優に成長するために手当たり次第に働きながらお金と経験を集める孤軍奮闘型キャラクターだ。

これに対してカン·ハヌルはユ·ジェホンという人物を説明するキャラクターキーワードとして「斬新さ」「また別の宇宙」「最大の長所」を挙げた。 まず「誰かのためにどんな人物を演技しなければならないという状況が斬新な設定で近づいてきた」として「実際に私があんな状況に置かれたら誰かのために演技することに関心を感じただろう」とし、キャラクターに向けた無限の愛情を表した。

続けて「『その人をそのまま演技すればいいんだね』と簡単に決心して判断し、誰かの人生を代わりに生きるということがどれほど違う大きな宇宙を感じなければならないのか悟り、もう少し良い人に成長することを見せる人物」とし「誰かのために演技したが、それが結局自分のためのことであることに気づく姿が面白く描かれる予定なので期待してほしい」と頼んだ。

これに先立って、数枚のスチールを通じて、カン·ハヌル印の専売特許魅力である地味な雰囲気と自然な表情が公開された。 毎作品ごとに視聴者の視線を捕らえることができた理由について「大きな魅力がないというのが一番良い長所」と謙遜な姿勢を見せ「このような長所のおかげで視聴者の方々が安心して見ることができるようだ。 どうすればカン·ハヌルよりユ·ジェホンに見えるか悩みながら撮影中」とし、圧倒的なシンクロ率で戻ってくるという覚悟を固めた。

ドラマ「カーテンコール」を選択した理由についても「台本自体が温かかった」とし、「読み続ける状況が本当に絶えず出てきて面白く読んだ」と説明した。

一方、「カーテンコール」はドラマ「月が昇る川」、「風と雲と雨」、「サイムダン色の日記」などを演出したユン·サンホ監督と映画「ヒットマン」、「青年警察」などを制作したチョ·ソンゴル作家が意気投合した。

元記事はコチラ

 

ユ・ジェホン役、カン・ハヌルさんにぴったりな感じがします。

いや、ご本人のことはあんまり知らないんだけど(汗)、役のイメージが違和感なく重なってくるんです。

「カン·ハヌル印の専売特許魅力である、地味な雰囲気と自然な表情」って、ディスってるのかって思うほどの表現だけれど、これこそが彼の強みだと思えます。

 

「カーテンコール」、本当に楽しみでなりません。

日本でも早い段階で観られるといいな~。

 

 

 

ジウォンさんのInstagram0928

深夜にジウォンさんのInstagramが更新されましたね。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @hajiwon1023

www.instagram.com

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @hajiwon1023

www.instagram.com

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @hajiwon1023

www.instagram.com

いくつか記事も上がっていました。

ハ·ジウォン、撮影中の自撮り議論…上手く撮れないの?

俳優のハ·ジウォンが自撮りでファンと疎通した。

ハ·ジウォンは28日、自身のインスタグラムに「下手な自撮りだが」という文と写真を掲載した。

これは撮影現場に送ってくれたコーヒー車の前でハ·ジウォンが自撮りを撮った姿。 ハ·ジウォンはプレゼントでもらったクッキーで顔を覆って感謝を伝えた。 手のひらほどのクッキーに顔が隠れて驚きを伝える。

ハ·ジウォンは自撮りが下手だと告白したが、きれいに撮られた顔のおかげで上手く撮れないという告白が顔負けするように感じられる。

一方、ハ·ジウォンはKBS2TVの新しいドラマ「カーテンコール」で視聴者に会う予定だ。

元記事はコチラ

 

確かに、ジウォンさんは以前「自撮りが下手だ」と言われていましたね。

今でも上手くないと思われてるんですね。

かわいさ120%で撮れてますよ(^^)

この3回の投稿の中で、衣装なのかなと思うものもありました。

自撮りの写真と服装が違いますよね。

こちらはパク・セヨンモードのジウォンさんなのかな。

それにしてもスタイルがいいなぁ。

 

夜遅くまで撮影が続いていたんですね。

ジウォンさん、ファイティン!